事業場内最低賃金を一定額以上引き上げ、生産性向上のための設備投資などにかかった費用の一部が助成されます。(業務改善助成金)

Pocket

スポンサードリンク



業務改善助成金は、中小企業・小規模事業者の生産性向上を支援し、事業場内で最も低い賃金(事業場内最低賃金)の引上げを図るための制度です。

名称

業務改善助成金

内容

生産性向上のための設備投資(機械設備、POSシステム等の導入)などを行い、事業場内最低賃金を一定額以上引き上げた場合、その設備投資などにかかった費用の一部を助成します。

・POSレジシステム導入による在庫管理の短縮
・リフト付き特殊車両の導入による送迎時間の短縮
・顧客・在庫・帳票管理システムの導入による業務の効率化
・専門家による業務フロー見直しによる顧客回転率の向上  など

対象

事業場内最低賃金が1,000円未満の中小企業・小規模事業者が対象となります。
※引き上げる賃金額により、支給対象者が異なりますのでご注意ください。

1 賃金引上計画を策定すること
事業場内最低賃金を一定額 以上引き上げる(就業規則等に規定)
2 引上げ後の賃金額を支払うこと
3 生産性向上に資する機器・設備などを導入することにより業務改善を行い、その費用を支払うこと
( (1) 単なる経費削減のための経費、 (2) 職場環境を改善するための経費、 (3)通常の事業活動に伴う 経費は除きます。)
4 解雇、賃金引下げ等の不交付事由がないこと    など
※その他、申請に当たって必要な書類があります。

助成金額

50 ~ 200 万円

リーフレット・パンフレット

リーフレットダウンロード

パンフレットダウンロード

申請窓口

労働局・ハローワーク

申請書類

申請書類はこちら

公式サイト

備考

その他の助成金情報・無料診断についてはこちら

お問い合わせ・相談

お問い合わせはこちら

 

スポンサードリンク



シェアする