Pocket

シングルマザーなどが、ハローワークで求職中という一定の条件の下、資格取得やスキルアップのための教育費と通学中の生活費を受けることができる制度が「職業訓練受講給付金」です(教育訓練給付金とは異なります)。

制度の主な条件

・月の収入が8万円以下(世帯収入が月25万円以下)の方

・現在住んでいるところ以外に土地や建物を所有していない

・就労能力及び常用就職の意欲がある

厚生労働省サイトより

雇用保険を受給できない求職者の方(受給を終了した方を含む)が、ハローワークの支援指示により職業訓練を受講する場合、職業訓練期間中の生活を支援するための給付を受けることができる制度です。

申請の流れ

支給までの主な流れは以下のようになります。

①相談(受けたい授業をさがします)

②書類整備

③教育機関へ申込・選考(面接・筆記など)

④合格通知

⑤出席状況の報告(月1回ハローワークへ)※1

⑥支給(教育費は直接教育機関へ振込・生活費は指定口座へ振込)

※1 出席率が8割なければ給付が打ち切りとなります。

申請窓口

ハローワークが受付窓口となります。

職業訓練受講給付金を受けたい」と相談してください。

似た制度で教育訓練給付金という制度がありますが、内容が異なりますのでご注意ください。

補助金額

指定の民間教育機関の中から選んだ、希望する授業を無料で受けられます。

①教育機関の授業料:全額(テキストは自己負担)

②生活費(職業訓練手当):月額10万円

③交通費(自宅から教育機関まで):全額(上限あり)

補助期間(通学期間)は授業により、おおよそ2か月から6か月間となります。

希望する教育機関が遠隔地の場合、通学のために教育機関近くに住居を借りる費用のうち別途月額10,700円の補助を受けられます(ハローワークの審査があります)。

くわしくは申請窓口でご確認ください。

チラシダウンロード

チラシダウンロード

融資制度もあります

通学期間中は生活費の補助が10万円のみとなるため、不足分について融資制度「求職者支援資金融資」(月額上限10万円)を受けることができます(指定金融機関の審査があります)。

チラシダウンロード

お問い合わせ

当機構へのご相談・お問い合わせはこちら