Pocket

育児の期間は思うように時間がとれず、精神的に追い詰められたりするものです。

子どもがぐずったり、言うことを聞かなかったりして子どもに強く当たることもあります。

気分転換する時間さえできないほど、忙しい期間が永遠につづくような錯覚を覚えたりします。

・保育施設への送り迎え

・子どもの預かり

・息抜きのためひとりの時間が少しほしい

おしごとに追われて無理して子育てをしている、そういった方の負担を和らげるため、各地方自治体や任意団体が支援体制を整えています。

ファミリーサポートセンター

各地方自治体が管理・運営しており、利用料金は自治体や日時によって料金は異なりますが、おおよそ1時間500~1,000円程度。送迎時の交通費といった経費などは別途必要です。

厚生労働省サイトより

ファミリー・サポート・センター事業は、乳幼児や小学生等の児童を有する子育て中の労働者や主婦等を会員として、児童の預かりの援助を受けることを希望する者と当該援助を行うことを希望する者との相互援助活動に関する連絡、調整を行うものです。

突発的な援助は受けられない、必ず援助を受けられるとは限らない、資格などを持たなくても研修を受ければ援助するボランティアとなれるのでトラブルとなるケースも、といったデメリットもあります。

お住まいの地域のファミリーサポートセンター検索はこちら (女性労働協会サイト

昔ながらのご近所付き合いの現代版 AsMama

公的なサポートではなく企業の運営ですが、知り合い同士で子育てシェアする、というコンセプトのもとコミュニティイベントや交流会を各地で開催しており、顔見知りになった人に子育てをお願いする仕組みを整備しています。

イベントに参加しなくても、預ける人を探してあらかじめ面談を申込み、1時間ワンコイン500円で送迎・託児をお願いすることができます。

まずは親子交流イベントから参加してみては。 イベント予定はこちら

お問い合わせ

当機構へのご相談・お問い合わせはこちら