行政はひとり親、とりわけシングルマザー支援に力を注いでいるはずですが、2016年現在、ひとり親世帯の貧困率は60%に達しています。これは制度を整備しているにもかかわらず情報が行き届いていない、制度を活用する方法が分からない、などの悪循環を引き起こしています。

特定非営利活動法人 男女共同参画研究機構では、シングルマザーの働き方について錯綜された情報を整備し、必要な方へ必要な情報を提供する、そういった支援を行っています。

みなさんの持つ価値を今以上に高めて、今より少しよい環境へと自身を導くため、共に学んでいきましょう。

 

男女共同参画センター

住宅確保給付金(家賃補助)

人材育成事業

クラウドソーシング

求人情報

教育訓練

公的支援

リンク